走れmicro:Maqueen 黒線を見つけろ!!

micro:Maqueenは(マイクロマックイーン、以下Maqueen)、DF ROBOT社のプログラミングロボットです。
別売りのmicro:bit(マイクロビット)を頭脳にして、いろいろなロボット制御を学ぶことができる教育用教材です。
SR04/SR04P超音波センサーインタフェース(以下超音波センサー)や赤外線グレースケールセンサー(以下ラインセンサー)の他、スピーカーやフルカラーRGBLEDなど、micro:bit本体にはない機能を装備しています。

今回は、黒線に沿って走るライントレースカーを作りましょう*1

1.準備

ここでは、micro:bitの標準プログラミング環境である、MakeCodeエディターが使えることを前提に進めて行きます。
MakeCodeエディターについては、こちらを参考にしてください。

また、Maqueenのプログラミングを行うためには、新規プロジェクトを作成したときだけ、拡張機能「maqueen」をダウンロードしておく必要があります。

まず、「高度なブロック」の中にある「+拡張機能」を選択して、検索欄に”Maqueen”と入力して検索すると、見つけることができます(下図)。

[maqueen]を選択すると、下図のようなエディター画面になり、Maqueenのブロックが使えるようになります。

今回は使いませんが、フルカラーLED(WS2812:P15割当)を光らせるときには、拡張機能「Neopixel」も必要です。
こちらも、同じように検索して、いっしょに入れておきましょう。

DFROBOT社の情報(リンクをクリックすると別ウィンドウに表示します)

・Maqueen紹介の動画(英語)
https://www.dfrobot.com/blog-1336.html

・Maqueenの入門、サンプルプログラムなど(英語)
https://wiki.dfrobot.com/micro_Maqueen_for_micro_bit_SKU_ROB0148-E


※1 この記事では、MaqueenのバージョンV4.0を使用していますが、V3.0でも問題なく動作します。また、micro:bitも新しくV2が販売されていますが、V1.5とV2の両方で動作することを確認しています。